FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤より紅い魂

赤より紅い魂                   原作:上海アリス幻楽団様

「我が娘…、レミリア・スカーレットよ…。」

近寄らなければ聞き取れないくらい声は小さかった。

「はい、お父様。」

「汝は我らスカーレット家を継ぐ為の覚悟はできているか?」

覚悟など、とっくの昔にできている。

「はい、この身が滅びるまで私は我らの誇り為に闘い抜きます。」

「そうか…。安心したよ。」

命の輝きが消えようとしていた。

「我が娘よ、今此処に契約は完了した。汝はスカーレット家の為に生き、そしてスカーレット家為に死ね。
汝、スカーレット家の従者達に絶対なる庇護を。我らスカーレット家の為に、そして我ら吸血鬼の誇りの為に…。」

その言葉を残し、先代の主は亡くなった。


*    *    *   *


館の大広間で館の主と血まみれの人間が対峙していた。



血が煮えたぎる…。

己の魔力が身体を焼く…。

己の身体が耐えられない程の力が沸いてくる。


激痛。


それが、私が生きていると実感させてくれる。

「スピア・ザ・グングニル…。」

これを使うのは何時以来だろうか…。

紅の槍。

人間程度なら触れるだけでその命を刈り取れるだろう。

「――っつ。」

それを見た人間は槍の威力を理解したのか、声にもならない音をもらしていた。

しかし、その目には未だ強い意思を宿している。

なんて、いい目をしているのだろう…。

「私を殺せ…。」

強い意思を宿した少女はいきなりそんな事を言い出した。

生きる意思ではなく、死ぬ覚悟か…。

「殺せと言ってるのが聞えないのか、吸血鬼!!」

腐敗した人間どもの中に、まだ誇りを持っている人間がいるとは…。

「人間の少女よ、貴女に誇りという物があるなら私に仕えなさい。それが、勝者である私からの命令よ。」

「………。」

私は槍を納め部屋を後にした。




あれから、一ヶ月…。

部屋の扉の向こうから

「レミリア様、よろしいでしょうか。」

声が聞えた。

「入りなさい。」

「失礼します。」

悪魔の館にたった一人の人間。

「何か私に用かしら?」

すると、彼女は私の前に跪く「私、××××は主レミリア様に絶対なる忠誠を誓います。」

そう言った。

「今日から、貴女は十六夜 咲夜と名乗りなさい。」

誇り高き人間の貴女に絶対なる庇護を与えよう…。

「ありがとうございます。私、十六夜 咲夜はこの身が滅びるまで主レミリア様に仕えます。」

彼女はもう一度そう誓った。


東方小説話
-赤より紅い魂-
            終。

はい、現実逃避の為に書いたお話ですorz
本当は、もっと長い話にするつもりだったのですが、
時間的 技量的 問題の為に1つの話にまとめるのを断念しました;
続きはいつか作ろうかと思っています。完成させられるといいなぁ。。。

只今、三月精のお話はおおまかなストーリが決まったので、
下書きに入ってます。

以下コメント返信です。
コメント返信。

>リソスさん
応援ありがとうございます^^
紅楼夢自体には参加できないかなぁ。。。orz
距離的な問題などで;

CPUのルナに勝てるようになったら、ネット対戦で練習するのがお勧めですよ^^
やっぱり、CPUと対人では動きに大きな差があったりしますから。
最初はあまり勝てないと思いますが、慣れてこればだんだん勝てるようになるはずb

>shanさん
自分は、文才は正直ぜんぜんないですよ^;
文書が書けるのは多分、たくさん本を読んだからかなぁ・・・。
小学生の時の作文とかを見ると悲惨ですから(苦笑

三月精の2巻自分はかなり楽しめましたよ^

九州は流石に遠いですね・・・。
応援ありがとうございます^^

テーマ : 東方プロジェクト - ジャンル : ゲーム

コメント

No title

レミリャと咲夜が出会う頃の話ですね!
中々良いと思います(すごい一般的な答えでスミマセン^^;

あまりこうゆう話見ないので、良いトコ突いてると思います!!


三月精の方も頑張って下さい( ゜∀゜)b

No title

自分の中の東方はシビアな部分が多く占めてますので、読んでて面白い物語でした。

短編でも十分楽しめるのはすごいと思いますよっ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。